スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ヨーグルトケーキ
20120923_202524.jpg
こちらは先日作ったヨーグルトケーキ
まともな型がなかったのでちょっと見た目は悪いが
お味はバツグン!
満腹なお腹でもペロリといけるので、ちょっと危険かも~。



ヨーグルトケーキ(直径24cm位)

スポンジ台
たまご 4個
砂糖  100g
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 少々
水   少々
オリーブオイル 大匙1

1) ボールに黄と砂糖を入れ良く混ぜる
2) 粉・ベーキングパウダー・オイルを入れ混ぜる
3) お水は本当に少々加えるのみ
4) メレンゲにした白身を入れる
5) 30x30cm位の鉄板にベーキングペーパーをひく
6) 生地を流しいれ、180度で20分程度
   オーブンによっては15分ぐらいで出来ます
7) 出来たら冷まして、ケーキ型の大きさに切りラップをひいたケーキ型にひく
   スポンジの表面の茶色い部分は通常使わないのですが、上のクリームが柔らかいので
   茶色の部分を下にしてそのまま使います

オリジナルのレシピでは以下の土台でやっていますが
個人的にスポンジが好きなので勝手に変えました

オリジナル台
ビスケット 280g
バター  170g
黒砂糖  大匙2

1) ビスケットを袋に入れたたいて砕く
2) バターは砂糖と共に、電子レンジまたは湯せんで溶かす
3) ビスケットと混ぜ、ケーキ型に入れ平らにする
4) 冷蔵庫で最低1時間ねかす


ヨーグルトクリーム
生クリーム 300ml
ヨーグルト 700g
牛乳   大匙6
ゼラチン  12g

1) 水にゼラチンを入れる
2) ゼラチンが柔らかくなったら取り出し、鍋に入れた牛乳の中へ入れる
3) 鍋を弱火にかけよくかき回しながら、ゼラチンを溶かす
4) ボールにヨーグルトを入れる
5) 生クリームをホイップする
   オリジナルレシピは加糖のヨーグルトなので、砂糖は加えません
   私は甘さを調節したかったので、無糖のものにし、砂糖は生クリームへ入れました
6) ボールへ生クリームと溶かしたゼラチンを入れよくかき混ぜる
7) スポンジを引いた方へ流し込む
8) 冷蔵庫で4・5時間
9) 固まったら上にお好きな果物を載せて
   少量の水で溶いたゼラチンを入れてから、キウイーをのせました
   その場合は再度冷蔵庫で冷やしてください

20120923_202959.jpg

私のレシピの中で、今後も結構大雑把な分量表示があると思います

イタリアで料理の仕事をするまでは、特にお菓子はきちんと量って作るものと考えていました
そうしないと失敗すると思い込んでいたからです

ある時私の働いていたケータリングの会社のパティシェを見てビックリです
かなりの目分量でお菓子を作り、しかもちゃんと出来てました

思い込みから開放され、今は自分なりに
その時の材料・火加減・気温・湿度などの変化を感じながら調節しています

という事で、次回はパン(季節物でフィレンツェのお菓子だよ!)
これまた野生のカンを頼りに、湿度・気温と折り合いをつけて作りましょう

スポンサーサイト
[2012/10/15 02:52 ] | ドルチェ・デザート | コメント(0) | トラックバック(0)
<<山荘最中 | ホーム | イタリアンレストラン・ヴィータ2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。